とちぎ県 那須 茶臼岳 Photo by Dj HiRo 

tochigiproject02.jpg

tyu01.tif
Selected Shot1

とちぎ県には海がない。が、しかし、とちぎ県には中禅寺湖がある。中禅寺湖は日本一標高の高い場所にある湖。水面の標高1269メートル。そう、日本一天国に近い水溜なのだ。だから、太陽と仲がいい。雲も近い。中禅寺湖畔に佇むとシャッターを切るのを忘れるほど、ゆったりとした気持ちになる。まさに、天国に近づいている、そんな感覚にとらわれる。
Photo by Dj HiRo

DSC_2571.JPG
Selected Shot2

とちぎ県では、いたるところで野生の猿がみられる。この日、猿を発見し慌てて車を止める。シャッターを切っているといつの間にか二匹に。一匹はこうしてカメラに収まっていたのだが、もう一匹の姿がみえなくなる。次の瞬間、自分の甘さに気がついた。車の窓が全開、猿が運転席に座り込んでいた。
コンビニ袋に入っていたレンズクリーナー一式をそっくりもって行かれる。
野生とはいえ、人間の文化を知り尽くしてもいた。いや、それが野生のたくましさなのだろう。
Photo by Dj HiRo

kegon-s.jpg
Selected Shot3

日本三名瀑のひとつ、華厳の滝。落差97メートル。その勢いは壮観だ。リンゴが木から落ちて万有引力を発見したニュートン。もし、彼がリンゴではなく華厳の滝をみていたら、科学の歴史が変わっていたかもしれない。
Photo by Dj HiRo

DSC_2593.TIF
Selected Shot4

この日、奥日光はマイナス12度。木々が樹氷となり、白銀の世界となる。水の温度と外気温の差によって川からは湯気が立ちこめる。なんと幻想的な世界なのだろうか。私が住む宇都宮から1時間程度の距離にこんな大自然が広がっているなんて、信じられない。とちぎの魅力はここにある!
Photo by Dj HiRo

DSC_2685.JPG
Selected Shot5

湯の湖に飛来しているカモ。写真を撮ろうと近づくと逃げてしまう。数十分粘っていると、一匹のカモが近づいてきた。「写真とらせてやるよ」とでも言わんばかりの至近距離。数枚シャッターを切ったところで「じゃーな」と湖に戻る。その後ろ姿、「もう、二度と会うことはないだろうな」と、いとおしく思えた。まさに「一期一会」である。
Photo by Dj HiRo

sugi.jpg
Selected Shot6

日光杉並木。世界一の杉並木としてギネスにも登録されている。樹齢数百年の杉が放つオーラに目がくらむ。動かずして、その生命力を感じる事のできる生き物は植物くらいなものだ。
近年、環境の変化により毎年減少し続けており、100年後には消滅してしまうとも言われている。世界に誇る杉並木はとちぎ県の宝として再度、見つめ直さなければいけない。
Photo by Dj HiRo

11127-tate.jpg
Selected Shot7

男体山上空。朝一番、日の出の頃こうしたグラデーションが見られる。刻一刻と変わる色合いは二度とない儚い存在だ。富士山と同じくらいの高さから男体山の火口を狙って撮影。こうして上空から眺めると、私たちが住むとちぎ県がいかに広大で、どれだけ美しい所なのかがわかる。
Photo by Dj HiRo

yakei-02.jpg
Selected Shot8

真っ黒な夜空。太陽が昇る少し前に地球を舞台にしたドラマが始まる。静まりかえった自然界の生き物たちも、日の出を待ち望んでいたかのように活動をはじめる。赤く染まった一本のスジが山々のシルエットを浮きだたせる。それに影響された真っ黒な夜空も気持ちよいブルーに変わる。そのグラデーションが空を覆い尽くす頃、眩しい太陽が顔を出す。そんなドラマティックな演出が毎日毎日行われている地球!素敵過ぎる!
Photo by Dj HiRo

yunoko.jpg
Selected Shot9

湯の湖の湖面がもう少しで氷に覆われる。氷の結晶達はゆっくりと、そして着実に勢力を広げつつある。その氷の働きぶりを見下ろすかのように山々がどっしりと佇む姿はここ数千年、いや、数万年続いていたのだろうか。この飄々とした大地、そして現象には我々の想像を超える歴史があるのだ。とちぎにはそんな片鱗が至る所に隠されている。
Photo by Dj HiRo

※とちぎアートフォトライブラリーとは コチラをご覧ください

これまでの写真展開催情報はこちら コチラをご覧ください

sbana.png

20170902event.jpg

g.gif2017.9.2(土)
日光ボランティア・市民活動フェスタ2017
●会場/日光市今市文化会館・中央公民館・勤労青少年ホームにて
 (写真展会場:中ホール2F)
●開催時間/午前10時~午後3時まで
 入場無料

主  催 日光ボランティア・市民活動フェスタ2017実行委員会
共  催 日光市
後  援 日光市教育委員会

g.gif2017.9.3(日)~10(日)
Dj HiRo TOCHIGI LOVE ART PHOTO展
●会場/NPO法人もみの木

Contact


TOCHIGI LOVE ART PHOTO展は多くの方に「とちぎの魅力」を知って頂きたく、栃木県内 年間10~20カ所で開催いたしております。

カフェや各種施設等、壁があり、人の集まるところならどこでも開催いたします。(各種条件あり)
TOCHIGI LOVE ART PHOTO展の開催にご協力いただける法人様、施設様、各種団体様を募集しております。
詳しくは下記までお気軽にお問い合わせください。
(写真の転載、商用利用に関しましても下記にて受け付けております)

tochilibbana02.jpg

とちぎの写真・映像を後世に残すプロジェクトにご賛同ください。

お問い合わせ
とちぎアートフォトライブラリー事務局
(ファンタスティックモーション内)
栃木県宇都宮市錦2-11-21
Tel: 028-616-1555
URL http://www.hiro-art.jp

お問い合わせフォーム
(pcのみご利用可能)
tochiart_bana.jpg



モバイル端末用QRコード
qrcode-art.jpg